fc2ブログ

Rolling Peddler Tour



幸せな2日間でした。

皆さん60オーバーなのに、元気元気!
2日間よぉー飲みました(笑)
230さん、富雄さん、シータカさんは、ステージはもちろん飲み会も百戦錬磨で、仕上がりまくった面白話をツマミに、よぉー笑わせてもらいました。

安齋肇さんとは初めましてでしたが、気さくに接してもろて、楽しかったです!
打ち上げから一旦ホテルに帰って、ケイタクのLPを持って来て全員のサインをコンプリートする辺り、マニアでオタクな1面も拝ませてもらいました(笑)

ステージではムチャ振りの嵐で、ドキドキし過ぎて、しかぶりそうでしたが、20年の時を経てまた一緒に演奏出来た事が嬉し楽し過ぎて、一線を越えずに済みました。

また一緒に演奏したいですね。

函館、東京とツアーは続くようです。

お時間合えば是非!

ありがとうございました!

敬太


-----




後ろめたさ…ですが…
わたくしタクヤは諸事情で打ち上げのみに顔を出すだけとなりました…

それでも…

結成期間にもせまるほどの、長ーい時を経ての対面は…たくさんの笑顔の囲まれた素敵な時間でした。
2005年のメジャーデビューの時のレコーディングで、サウンド面でものすごくご尽力くださった大先輩の面々…そして、MVを作った時に各地にロケしてくれたカメラマンさんも。
仕事、だけじゃない、作品を一緒に作って時間を共有してましたからね。それは幸せに決まってる時間だったからね、
再会は同じ感じになりましたね!

あとから、多方面でお名前を拝見するたびに、レジェンドな方々である事を知り、あの「始まりの時間」はとても、とてもすごく有難いことだったんだなぁと再確認しておりました。本当に事務所、レコード会社に良くしてもらってたんだなと。


今回は、皆さんの出音を聴くことは出来なかったにしても、打ち上げで、飛び交う「バンドマンの音楽トーク」は、その音が今も前を向いて音楽を作り出してるに違いない、と確信したわけで…
次こそは(そう遠くはないはず)自分もその身をその場に置けるように精進いたします!

PS. 何よりもミーハーになってしまった瞬間は、タモリ倶楽部の空耳アワーのナビゲーター(ソラミミスト)の安齋肇さんとのツーショット写真撮影。
大学の時の音楽系サークルのメンバーに自慢して送りつけてやりました…とさ。

タクヤ


-----


打ち上げでの写真は、このツアーに帯同されてるカメラマンさんにお願いして撮って頂きました。来れなかったみなさんにもお届けしたくて、みなさんに確認したらSNSの掲載にも快く承諾してくださいました。
本当に楽しく幸せな2日間をありがとうございました。
STAFF

















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://keitaku.blog113.fc2.com/tb.php/3548-5adbbdbb