FC2ブログ

昨日はたくさんのコメントありがとうございましたー!


早速作業に取り掛かりました。

興味のない方にはマニアックかもしれないですが、ギター(楽器)がどうしたらもっと良い音になるか?っていうテーマはプロミュージシャンみんなの定めです。


ギターの弦が振動するとそのエネルギーでボディが振動して、増幅されて音が出る。
アコギはボディが箱のようになってるから、一枚の板のようになっているエレキギターよりも大きい生音が出るんです。

つまり今回いじるナットは弦が振動するために一番大切な部分なんです!




ここから、さらにマニアック、ナットは材質で音が変わります!


ポピュラーなのは、プラスチック、牛骨ですが、高価なものなら象牙、マンモスの牙(まあ化石象牙ってかんじ)、真鍮などいろんなものがあります。

今回はさらにマニアック、ラクダの骨。だそうです。見た目はほぼ牛骨ですが、どんな音になるか楽しみです。

さっそく今ついているプラスチックのナットを外します。当て木をしてトンカチで優しくコンとやると倒れるように取れます。
20100211232234

20100211232247


溝に合わせて、ラクダの骨をサンドペーパーで地道に削らないといけませんな!

ちなみに普通、ヴィンテージギターは当時のままの状態であることで価値が上がるので、不具合があってもこのくらいのことは放っておくのでしょうが、自分の場合はレコーディングに使ったりしたいので、ちゃんと改良します。


続きは次回!
お久しブログです!

僕はカレー食べてません。
夕べ、というか今朝がた、睡眠不足をも恐れずに臨んだ打ち上げで、ケイタがアドバイスをくれたんです!
ギター好きなら、ブログの内容マニアックでも構わないさ!

確かに!


実は札幌でも、同じように言ってくださる方がいて、今回、自分が好きなようにギターをいじくり回す『卓也工房』なるカテゴリーを作ってみました~。


普段、ブログ癖がついてないあたくし、みんなから『いつもなんしよーと?』と言われます。

ハイ、ギターで遊んでます!


そんなブログを書いていきたいと思います。





第一回目は
ギターのナットいじり

一見普通の状態のギターですが、
20100210185823
よくみるとナットというパーツが欠けていて6弦が安定していないので、自分でパーツ交換!20100210185831


少しずつアップして行きますんでよろしくー♪